保険料や等級の仕組みが分かりやすい自動車保険を探すには

等級を理解しておこう

自動車はとても便利ですが、交通事故のリスクもありますので、自賠責保険だけではなく任意の自動車保険にも加入する人が多くなっています。
初めて加入する人はその仕組みがわかりにくいと感じていることもあるのではないでしょうか。
まず、自動車保険には等級がありますが、等級は1~20までのランクに分けられています。初めて自動車保険に加入する人は6等級からの開始となり一年間無事故で保険を使わなければ一等級アップします。
そして、事故があり、保険を使った場合は一等級、もしくは三等級のダウンとなってしまい、保険料がより高くなってしまいます。
車の盗難や災害などで仕方なく保険を使った場合は一等級のダウンとなりますが、事故で他人のものを破損させてしまったり、怪我をさせてしまった場合は三等級のダウンとなります。

複数の保険から比較して選ぼう

自動車保険の掛け金はできるだけ抑えたいですが、やはりもしもの際の補償がしっかりと行われることが大事です。対人賠償は無制限、対物補償もできれば無制限にしておけばもしもの際にも安心です。
大きく分けて代理店型と通信販売によるダイレクト方式がありますが、ダイレクト型は余計なコストを抑えていますので、保険料が安くなるのがメリットですし、代理店型は担当者とじっくりと相談することができます。
いずれの場合も事故対応が良いことも大事ですので、サポート体制の良さも重視したいところです。
今は自動車保険も増え、選択肢もそれだけ多くなりましたが、それゆえに悩んでしまう人も少なくありません。悩んだ際は資料請求を行う、一括比較サイトなどを活用するなどして、じっくりと比較し最適な保険を見つけていきましょう。