突然のトラブルに役立つ自動車保険のロードサービス

無料対応の所と実費負担の所がある

自動車を運転しているときのトラブルは様々です。事故などもありますが、それ以外にバッテリー上がり、ガス欠、とじ込みなどちょっと気をつければ防げるトラブルもあります。会員制のロードサービスに入っていれば呼べば対応してもらえますが、会員料が必要になります。実は自動車保険では無料でロードサービスが付いています。ただ、各社のロードサービスに差があるので、ロードサービスを重視したいなら保険会社の選択が必要になります。ガス欠の時、とにかくガソリンを持ってきてもらえれば助かります。この時ガソリンを持ってきてくれるが実費を払わないといけないところがあります。一方近くのガソリンスタンドに行けるぐらいの量を無料で持ってきてくれるところもあります。

レッカーサービスの内容は確認した方がいい

自動車は非常に重く、簡単に押して動かせるわけではありません。一応ブレーキをきかなくすれば押せば動きます。でも何キロも一般道路をそれで移動はできません。事故で動けなくなったとき、故障で動けなくなったときはレッカー移動してもらう必要があります。自動車保険を利用するとき、自動的についてくるロードサービスがあります。保険会社でロードサービスの内容が大きく異なるので、料金などで迷うときには内容を比較しておきましょう。何キロまで無料としてくれるところがあり、10キロや30キロなど距離が示されています。それ以上は実費になります。距離は関係なく、保険会社が契約している修理工場にレッカー移動するところもあります。修理にいくらかかるかわからないので不安かもしれません。